ペットオッケーの賃貸物件を探す際のポイント

ペットを飼う事が許されている賃貸物件も、最近では増えてきています。
地方よりも都心部の方がその傾向は強いようで、ペット可と書かれた物件も珍しくありません。
ペットといっても何でもよいというものではなく、室内犬くらいとなっており、大型犬等はNGというケースが殆どです。
犬はオッケーでも、猫はダメだという物件がとても多いので、猫好きの場合は内見を行った際に確認しておきましょう。
ペットオッケーの賃貸物件の中には、「ペット保証金」というものが設定されている場合もあります。
この「ペット保証金」というのは、ペットによって部屋の中に傷がついたり、壊されたりという時の為の保証金ということになります。
いざ退去しようとした時に、補修するお金を支払う支払わないといったトラブルにならないためにも、設定されていると便利ではあります。
金額は通常家賃の2ヵ月分位が相場となっています。
保証金でカバーしきれないものもあります。
ペットを飼っていると、どうしても柱に傷をつけてしまうという事もあるでしょう。
その場合、保証金だけではカバーできない事もあり、補修費用が数十万円という事もあります。
ですから、予め柱に防護カバーをつけておいたり、保護シートをフローリングに敷いたり工夫しておくことをお勧めします。
退去時には相殺されますから、キレイに使用していれば問題なく返却されるお金でもあります。
ペットオッケーの物件ですから、ペット用の設備などが充実しているものを探すとよいでしょう。
ペット専用の足洗い場や出入口などがあると、とても助かるのではないでしょうか?また、ペットオッケーだからといって全ての住民がペットを飼っているわけではありませんから、周囲とトラブルにならないためにも、このような気配りがされている物件がおすすめです。
今まではペットオッケーではなかった物件だったけど、入居者を確保するためにペットオッケーにしたというケースーもあるからです。
できれば、内見時に入居者のどのくらいの割合がペットを飼っているのか?という事を、確認しておきましょう。

婚活 初心者

給湯器 京都

人気の耳つぼジュエリー

滋賀 新築

ブランドリサイクル ヴァニタ

リンク